ユーリティ&サイト > DTM Utility このカテゴリーに情報を登録する
並べ替え: 新しい順 : 古い順 : タイトル昇順 : タイトル降順 : アクセスが多い順 : アクセスが少ない順
次のページ
no. 964 アクセス数:917

Converse Rubber Tracks Sample Library : Ableton Live plugin

制作元: Converse Rubber Tracks Sample Library
プラグイン内容: Max For Live Plugin
対応OS: Ableton
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2016/01/11(Mon) 11:59:22

クラウド上にあるConverse Rubber Tracks のサンプルをDAW(Ableton)からシームレスに呼び出すことができる
Max For Live のプラグイン

no. 954 アクセス数:64

jBridge

制作元: J's stuff
プラグイン内容:
対応OS: Windows
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2015/11/05(Thu) 23:48:15

32bitプラグインを64bitのホストアプリで、64bitプラグインを32bitのホストアプリで、という風にVstをブリッジ動作させることができるソフト。

シェアウェア


デモ版は試用時間20分で、そのあと無音になる。

no. 882 アクセス数:2947

Genkhord

制作元: HASHIMOTO N.
プラグイン内容: コード進行作成補助ソフト
対応OS: Win
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 1
投稿日: 2010/04/25(Sun) 16:24:39

表のコード一覧からコードを選んでクリックすれば、次に来そうなコードを予測してくれるコード進行支援ソフト。

コード進行に行き詰ったら試してみると思いつかなかったコード進行を発見できるかも。

NET Framework 2.0が必要

no. 837 アクセス数:2017

VST Player

制作元: 音楽研究所
プラグイン内容: VSTi再生ホスト
対応OS:
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2010/02/16(Tue) 18:21:11

シーケンサー不要なVSTiを再生するためのソフト。

VSTiの音色を試すのに使えます。

no. 800 アクセス数:470

V-MACHINE

制作元: SM PRO AUDIO
プラグイン内容: スタンドアローンVSTプレイヤー
対応OS:
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2009/11/28(Sat) 16:51:48

AV Watch内の藤本健の週刊 Digital Audio Laboratory
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081125/dal349.htm

↑こちらのページに「VSTプラグインを単独で動かすことが出来る機材」として紹介されています。
いわばハードウェア版VSTホストであり、USB経由でVSTのdllファイルを転送することで、
プラグインを動かすことができるようです。また、これをPCに接続したまま使うと、
PC側のDAWのプラグインとしても使えるようになるそうです。

年内発売予定で、標準価格が80、000円程度、実売65、000円程度になりそうとのこと。

↓Inter BEE 2008のフックアップ・ブースでのデモ動画
http://jp.youtube.com/watch?v=ui0aobARUUA

no. 751 アクセス数:2316

LoopExplorer

制作元: kerberos AVENUE
プラグイン内容: ループネタ管理ソフト
対応OS: Win
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 1
投稿日: 2008/08/22(Fri) 15:53:03

ループネタや音声ファイルを簡単に管理できるソフト
膨大な量の音声ファイルを持っている方など重宝すると思います。

●配布元より引用
:直感的なインターフェース。マニュアル不用&マウス操作が殆どのイージーオペレーション
:ループ音ネタ管理に最適な仕様。ファイルを選ぶだけでループプレイを開始。(鳴らさない事も可能)
:コピー/移動時には、複数のファイルを選択可能。
:多数販売されている「wavネタCD-ROM」からのデータ移動を配慮して、ファイル属性をArchiveに変更可能
:選んだフォルダ全てのデータ属性をArchiveに変更可能
:大きな容量のデータを選択しても、メモリがSWAPせずに問題無く再生(6分の曲でテスト済み)
:ボリュームコントロール対応(再生ボリュームのみを変更させます。)
:ワンショットプレイ対応

no. 710 アクセス数:2973

SynthEdit

制作元:
プラグイン内容: ソフトシンセ&エフェクター製作ソフト
対応OS:
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 4.00
コメント数: 3
投稿日: 2008/07/24(Thu) 11:59:50

SynthEditに備わっている各機能のモジュールを
組み合わせる事でソフトシンセやVSTプラグインを作る事ができる。

SynthEdit紹介サイト
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20020805/dal65.htm

■日本語対応

no. 527 アクセス数:1883

Final NotePad 2007J

制作元:
プラグイン内容: 定番譜面作成ソフトの簡易版 (要レジスト)
対応OS: Win&Mac
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

定番の譜面作成ソフト「Finale」のフリー版。

譜面の清書をしたい時、あるいは、
曲の構成を譜面上で検討したい時、
時間に余裕があれば お試し程度に。

[Finale Notepad 2007新機能]
- 製品版のGPO搭載に合わせ、フリー版にサウンドフォント音源搭載(GM配列32M)
- タブ譜入力対応 (コード名表記は未対応。 ドラム譜も未対応)

[Finale製品比較表]http://www.cameo.co.jp/finale/comparison.html
  既に譜面で作曲する習慣があり、単純にその作業をPC上に移行するなら、
  Finale下位製品のややこしい機能制限で悩むよりも
  Finale最上位版 を ライバル製品 と比較検討した方が手っ取り早い気もします。
___________________________________
フリー版は製品ファミリー最下位に位置する為、実に多くの機能が制限されています。
[入力方法]マウス/PCキーボード/MIDIキーボード。
  マウス/PC KBDで音価選択、MIDI KBDで音高入力。後からマウスで配置修正。
  (製品版機能: MIDIファイル読込/MIDIリアルタイム入力/マイク入力/譜面OCR)
[譜面構成] 段数、音部、移調設定等、全て最初に決め打ちで途中修正不可能。
  裏技: 構成を変える時は、譜面を新規作成し、入力済譜面からコピー&ペースト
      ただし歌詞(や記号の一部)は一括コピー&ペーストできない(w
[小節表示] 表示幅は自動調整。 音符/休符数や歌詞で幅が変わり、実用に絶えない
  裏技: 歌詞に空白を入れれば 小節幅を調整できる
[楽典記号] 使用可能な楽典記号はスラー/タイ/臨時転調/繰返し のごく一部だけ。
  繰返しのバリエーション、強弱記号、アクセント、その他残り全ては、
  お絵かきソフトの要領でいちいち記号を書き込む必要がある。
まあフリー版で完璧な譜面を楽々入力できたら、製品版の存在価値や細かいランク分けが全て崩壊してしまいますから、致し方ない所でしょう。

そして(忍耐を重ねて)一曲完成させた頃には、いくつかコツが見えてきます。
[連続入力] テンキーパッドとMIDIキーボードの併用で、連続入力が多少楽になる。
[譜面再生] 入力後、譜面再生で音を鳴らしてみると入力ミスを発見しやすい。
  ただし楽典記号はほとんど無視されるので参考程度。
[MIDIファイル] FinaleのMIDI入出力を、MIDIyokeでMIDIシーケンサにつなげば
  音高はやりとりできる。ただし音価、休符、その他情報は再入力と修正が必要。

なんだか微妙ですが。
普段はPCで譜面作成しない/出先でライセンスがない等で、急場をしのぐための
非常用ツール(Office Viewer、ワードパッドの類)と解釈すれば納得できる(のかな)
___________________________________

no. 526 アクセス数:1909

KYMATICA AlgoScore

制作元:
プラグイン内容: アルゴリズム系作曲のためのグラフィカル譜面作成環境
対応OS: Mac (JackOSX + Csound)
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

アルゴリズミック・コンポジションのためのグラフィカルな譜面作成環境。

DAWオートメーション・カーブと良く似た、現代音楽のグラフィカル譜面を作成して
MIDIもしくはCsoundで直接演奏できる。オープンソース(GPLライセンス)
[mp3]http://www.bitminds.net/kymatica/uploads/Software/as_cs_test.mp3

FSF/GNUのソフトウェア開発ホスティング・サーバ「Gna!」に登録されている。
[Gna!]https://gna.org/projects/algoscore








no. 383 アクセス数:1851

ChucK

制作元:
プラグイン内容: Strongly-timed、 Concurrent、 and On-the-fly Audio Programming Language
対応OS: Win&Mac&Linux
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

音声信号処理プログラミングの特徴
- 時間軸に沿ったイベント記述とイベント処理
- 信号やイベントのデータフロー処理(協調的並列処理)
をシンプルに記述できるon the flyプログラミング言語。

http://chuck.cs.princeton.edu/chuck.talk.icmc.2003.pdf
●時間軸に沿った処理の記述:
 「shread」 というnon-preemptiveでdeterministicなスレッドを導入し、
 ループ内で時刻や間隔を指定すると、スレッドが自動同期して処理を進める。
●データフローと処理の関連付け:
 複数の処理ブロック間のデータの受け渡しは、フロー演算子「=>」(チャック)で指定し
 エフェクタやモジュラシンセのパッチングをシンプルに表現できる(らしい)。

http://soundlab.cs.princeton.edu/publications/on-the-fly_nime2004.pdf
●on the flyプログラミング:
 プログラムの実行中にプログラムを動的に変更して、処理結果を変える事。
 楽器演奏のようにプログラミングする一部の人々にとって非常に直感的なスタイル。
 上記二つの機構と、強い型システムと実行時型安全性で実現可能になった

・・・のかな?たぶん。
 
 ■on-the-fly ■Programming ■DSP

no. 372 アクセス数:31

DPCレイテンシー・チェッカ

制作元:
プラグイン内容: ASIOドライバーの音切れ&レイテンシー改善作業用基本ツール
対応OS: Win
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

汎用/専用ASIOデバイスの音切れやレイテンシーの改善を目的とした
ハード/ソフトの問題検出に使う「基本ツール」。
___________________________________
Windows上でDAWやソフト・シンセを使ってリアルタイム演奏やレコーディングをする時はたいてい、ASIO対応オーディオIFやASIOドライバのお世話になります。
しかしハードやソフトを入替/追加した時や、スペック的に制限のあるハードを使っていると、音切れや大きなレイテンシーの問題に悩まされる事があります。

その問題の原因はおそらく
 - DAWやその他のプロセスの過負荷
 - ハード/ソフト/ドライバの不適切な設定、相性問題、バグや不具合
 - ハードウェアのスペック不足
のどこかに潜んでいるはずです。
しかしPC用ハード/OS/ソフトには、DAWに不要な機能が山のように付いているので、問題を切り分け、原因を特定し、問題を完全に解決するにはとても時間がかかります。
__________________________________
問題範囲を「ハード/ドライバ/ソフトの割込み処理」による「システム・レスポンス低下」に絞り込み、自分で1個1個ソフト/ドライバ/ハードを停止して問題箇所を確認する時、この「DPCレイテンシー・チェッカ」を使った「システム・レスポンス測定」が役立ちます。

「DPCレイテンシー・チェッカ」の使い方はとても簡単です。
アーカイブのダウンロード/解凍後、プログラムdpclatを実行しグラフを見て下さい。

◎もしグラフが常に緑色を保っていたらOKです。(システム・レイテンシー≦500μs)
 それ以上の改善は、手間がかかる割にあまり効果がないかもしれません。
 もし明らかに問題があるなら、最初に戻って他の原因を検討するか、
 あるいは…ハードやソフトの入替を検討するのも良いかもしれません。

▲もしグラフが時々黄色や赤色になったら、
 それはシステム・レイテンシーが大き過ぎる という警告サインです。
 アーカイブに含まれているマニュアルを読んで、試行錯誤をする価値があります。
 ただしシステムの基本設定をいじる必要があるので、
 ご自身の責任で「身近な詳しい人」と相談しながら実行するのが適切です。

 ■玄人向け

no. 358 アクセス数:1941

SonicWire SonicBrowser

制作元:
プラグイン内容: サンプル・ブラウザ
対応OS: Win&Mac
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

登録タイミング逃すと面倒なので最後に一つ。
ご存知クリプトンのサンプル・ブラウザ「SonicBrowser Free」です。

サンプルフォルダを登録すれば、そのフォルダより下にあるWAV&AIFファイルの
  検索/波形表示/ワンクリック再生/コメント&タグ付け/ブックマーク登録
等ができます。

[使い方はこちら] http://sonicwire.com/sw/do/sb/guide
___________________________________
[勝手な注文をいくつかメモ]

1. VSTプラグイン版 または Windowコモンダイアログ拡張版 があると嬉しいな?。
 一般にプラグイン中でサンプルをロードする時、標準では音をプレビューできません。
 なので軽い再生ツール(foobar2000等)を仕込み、ファイルを右クリックして「Play」
 で再生とかしますが、結局「間に合わせ」なので連続大量プレビューには不便です。

 ええ判ってます、そゆ時はSonicBrowserで 検索&ドラッグ&ドロップ ですね。
 でもサンプルファイルがあちこちに散らばっていたり、プラグインが複数あると、
 SonicBrowserであちこちのフォルダを行き来する事になってけっこう煩雑です。

 希望としては ACIDのループブラウザや toontrack EZplayerみたいに
 気楽に使えるプラグイン/コモンダイアログ拡張でサンプル選択できたら便利です。
 (そーいえばKVRでもそーゆーのを探してる人が居ましたっけ)

2. 話はちょっと飛躍しますが、SonicBrowserが機能拡張可能なデザインになって
 ある種の「プラグイン」で機能追加されるプラットフォームになったら便利です。
 (SonicBrowserがWindowsエクスプローラのadd-onになる形も良さそうですが)

 - 扱えるファイルの種類を追加したり(MP3、 3GP、 MIDI、 mmf、 etc.)
 - まるきり新しい機能を追加したり(SonicWireや他サイトとのシームレスな統合)
 となったら、便利ツールから必須ツールに格上げです。(無理ない範囲で少しずつ)

3. 結局の所、私が欲しいのは「KORE Sounds」や「MediaBrowser」みたいな
 カテゴリ・ブラウザなのでしょう。 iTunes登場以降の時代の要求というか。

 - 扱える「メディアの種類」 を追加可能で(VST、fxb、DAWプロジェクト、etc.)、
 - 「プレビュー方法」を追加/カスタマイズ可能で(隠しフォルダに画像等キャッシュ)
 - 各種お気に入りセット(iTunesプレイリスト)を手動/自動で作成して、
   音楽制作に必要なリソースをグループ化して管理できて…etc、etc.
 …
実現したら、えぇなぁ~(はぁーと 夢がひろがりんぐ

no. 313 アクセス数:1895

Impromptu

制作元:
プラグイン内容: 音楽/動画用インタラクティブ・プログラミング環境
対応OS: Mac (AU host)
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

MacOSX上で動作する作曲者/音響アーティスト/VJ/グラフィック・アーティストのためのプログラミング環境。Lisp言語の一種Schemeで時間軸上のイベントを記述し、AUプラグインの操作、ライブ動画処理、OpenGL/ベクター/イメージ画像の生成、CoreImageフィルターやQuickTimeとの連携ができる。またObjC-Schemeブリッジを備え、ObjCオブジェクトの生成や、ObjCからSchemeルーチンの呼出ができるのが特徴。
[情報源] http://www.kvraudio.com/news/8762.html

[gallery] 提供されるアプリケーションとそのデモ動画
      http://impromptu.moso.com.au/gallery.html
[video] Impromptuを使った簡単なプログラミングの説明動画
      http://homepage.mac.com/digego/impromptu_intro.mov
[tutrial] http://impromptu.moso.com.au/tutorials.html
[papers]
[1] Sorensen、 A & Brown、 A (2007) "aa-cell in Practice: An Approach to Musical Live Coding" paper presented to the International Computer Music Conference 2007、 Copenhagen
 http://impromptu.moso.com.au/extras/aa-cell-icmc07.pdf
[2] Sorensen、 A. (2005) "Impromptu: An interactive programming environment for composition and performance、" paper presented to the Australasian Computer Music Conference 2005、 Brisbane: ACMA、 pp. 149-153. (NOTE: Impromptu version discussed is obsolete)
 http://impromptu.moso.com.au/extras/sorensen_acmc_05.pdf

 ■Programming ■DSP ■Analyser ■MIDI_FX ■VisualFX

no. 254 アクセス数:2080

mGUI

制作元: Asseca
プラグイン内容: プラグイン用スキン変更ツール
対応OS: Win
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

VSTプラグインの見た目(スキン)を変更するツールです。
- GUIを持たないプラグインへの「GUI追加」 (W1Limitter、 GuitarSuite等)
- GUI上でノブが省略されているプラグインへの「ノブ追加」 (sfz、 SGP2)
- ソフトウェアMIDIコントローラの作成と、ハードMIDIコンやプラグインへのマッピング
といった事ができます。

[インストール方法] http://ja.wikizic.org/Asseca-mGUI/wiki.htm

[スキン入手] リンク先参照 (現在 スキン15個、MIDIコン/MIDIプラグ10個 up済)

[スキン作成] mGUI添付のマニュアルとサンプル(mgui、demo)が参考になります。
 (上級者向け: iniファイル記述、グラフィック作成→座標抽出→sknファイル記述)

 ■MIDI_FX


no. 247 アクセス数:2408

sfArk

制作元:
プラグイン内容: soundfontファイル解凍・生成アプリ([sfArk]→[sf2]専用!)
対応OS: Win/Mac/Linux
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

■All_Music

soudfontプレイヤー(サンプラー)を使ってる人は必携!
配布元には何も書いてないが、
使ってみた限りでは警告文その他は出ないので 「Freeware」らしい(^^;

一部「sf2」ファイルは、「sfArk」ファイルという形式で圧縮されてるので
この『sfArk』にドラッグ&ドロップして、「sf2」ファイルに解凍して使用しましょう・・・

何 だ か や や こ し い が 気 に し た ら 負 け だ (w

no. 184 アクセス数:96

cantabile lite

制作元: topten software
プラグイン内容: vst ホストアプリ・簡易シーケンサー
対応OS:
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 1
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

vstの簡易ホストアプリ。
登録ディレクトリ下の2つまでのvst、 vstiを起動することが可能。
MIDIデータも鳴らせる。オーディオ録音もできる。
ちょっと音を試すのに便利。

質問;これの「Dry」「Wet」のツマミの使いかたを誰か教えてください。
回答;これは本来、VSTエフェクトの時に使うツマミです。VSTiではおそらく
「Dry」に音は入ってないと思います。ですから絞っておいて下さい。

 ■MiniHost

no. 177 アクセス数:2070

ASIO2KS

制作元:
プラグイン内容: 汎用ASIOドライバー(BehringerOEM版)
対応OS: Win
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

Here is a list of ASIO-applications that have been tested successfully with ASIO2KS.

Behringer UCONTROL(standalone host)
Steinberg V-STack(standalone host)
Steinberg Cubase SX (midi-sequencer)
XLUTOP Chainer (standalone host)
Native Instruments FM7 (softsynth)
Native Instruments Absynth (softsynth)

LINK先はサイトのファイルに直です。
別記のASIO4ALLより軽いです。
サンプルレートの設定によっては再生が速くなりますので
調整してお使い下さい。
インストールは、解凍したASIO2KS.CPLというファイルを
C:¥WINDOWS¥SYSTEM32に入れるだけです。
これでコントロールパネルにアイコンが現れます。
これをクリックすると調整できます。バッファーの値を
なるべく下げれば、レイテンシーが抑えられます。

配布サイト;
http://www.softpedia.com/get/Multimedia/Audio/Other-AUDIO-Tools/ASIO2KS.shtml

【仲裁】
データベース内での議論はおやめ下さい。意見がありましたらBBSでどうぞ。
ここでは中を取ってBehringer OEM版に差し替えました。
(★0?4つ)

【試用者Aさんへのコメント】
他サイトの掲示板へのリンクはおやめ下さい。相手先に迷惑がかかります。
ご了承いただけましたらこのコメントを削除して下さい。

no. 154 アクセス数:2705

ミノ式MIDIシーケンサー

制作元:
プラグイン内容: midi制作ツール
対応OS: Win
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 1
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

DAWソフトと言うにはかなり無理がありそうですが、
基本のmidiの打ち込みを簡単に学べるのでDTM初心者の方の参考までにw

ピアノロールへの打ち込みやmidi音源選択など基本的な事が簡単な操作で行え、ピッチベンドやベロシティなども操作でき、初歩的な曲作りが可能ですので初めてmidiに触る人にはもってこいなソフトです。

私も、初めてmidiに触ったときははじめCherryなどの多機能シーケンサーを使おうとしたのですが複雑すぎてまったく使いこなせませんでした。
その時出合ったのがこのミノw

今Cubaseを使いこなせてるのはミノのおかげです。
とりあえず、簡単さと軽さと分かり易さで星5で♪


■初心者向け

no. 109 アクセス数:15

SAVIHost

制作元:
プラグイン内容: VSTプラグインのホスト化
対応OS: Win XP
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 4.00
コメント数: 1
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

キーボード弾きの人で、お気に入りのVSTを使用してて、
このVSTを単体で使いたい?とか思ったことはないでしょうか?
私はむちゃくちゃありましたw

その夢を叶えてくれるのがこれ!
SAVIHost
VSTプラグインを単体起動できるようになります。
使用方法は、解凍したフォルダに使いたいVSTを入れて、
exeファイルの名前をそのプラグインの名前に改名するだけ♪
後はexeを起動するとキーボードの拡張シンセに早代わり!!!
中には使えないVSTもありますが、かなり「イケてる」ツールです。

 ■MiniHost

no. 99 アクセス数:744

Pluggo Runtime

制作元: Cycling'74
プラグイン内容: Pluggoランタイム・ライブラリ
対応OS: Win&Mac (AU、VST、RTAS)
カテゴリー: ユーティリティ:DTM Utility
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

Max/MSPで作成されたプラグインのためのランタイム・ライブラリ。
sinx_music、 などのVSTプラグイン実行に必要。

例えば
No.92 『GranDelay』 / カテゴリー「VST:Delay」
No.93 『Kill Filter X』 / カテゴリー「VST:Filter」
No.94 『SPECTGate』 / カテゴリー「VST:Gate」
No.95 『RE2XX』 / カテゴリー「VST:Echo」
No.96 『AM』 / カテゴリー「VST:Tremelo」
No.97 『PhZ』 / カテゴリー「VST:Phaser」
No.98 『Merzbizer』 / カテゴリー「VST:Distortion/Overdrive」
等々、それ以外でも「要:Pluggoランタイム」等書かれたプラグインの実行に必要です。
なお動作確認はおのおのでどうぞ。

 ■RuntimeLibrary

次のページ