VSTInstruments > Synth (Modular) このカテゴリーに情報を登録する
並べ替え: 新しい順 : 古い順 : タイトル昇順 : タイトル降順 : アクセスが多い順 : アクセスが少ない順
no. 895 アクセス数:2912

Arppe2600va

制作元: Glen Stegner/VoltKitchen Group
プラグイン内容:
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2010/05/24(Mon) 23:52:43

Arp 2600 を模したフリーのVSTIです。

各種ホストからVSTiプラグインとして呼び出す他、
実行ファイルからスタンドアロンで動作させることも可能です。
(なぜか私の環境では、スタンドアロンだと、しょぼい音になってしまいます ^^;)

ノブ操作はGUIのほか、MIDIのコントロールチェンジでも操作できるので、
各種MIDIコントローラと接続しても楽しいです。

残念ながら本物のArpの音は知らないので、出音に関してはわかりません。
パラメータが多く、狙った音は作りにくかったけれど、
容易されているプリセットを参考に、かなり良い感じの音が出ます。

パッチケーブルは表示されませんが、下段のドロップダウンメニューで
仮想のケーブルを自在に接続できます。

とにかく、面白い音が出せるので、お勧めします。


ファイルサイズ 約1.6MB

■VSTプラグイン ■Techno ■Trance  ■Semi_Modular

no. 604 アクセス数:1775

PsychoSynth

制作元:
プラグイン内容: バーチャル・テーブルトップインタフェース・シンセ
対応OS: Linux
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

画期的なテーブル・インタフェースで話題をさらったreaktable
http://reactable.iua.upf.edu/
国内では増井俊之氏らの mousetable で有名になったアレを
http://www.interaction-ipsj.org/archives/paper2005/pdf2005/interactive/B223.pdf
シンセに使うという新しいアイデアですが、
実はテノリオンの原型1997年の「音楽のチェス」
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/research/projects/2003/005/2.html
ではアレをシーケンサとして使っていました。

というわけで、reaktableの3Dバーチャル版「PsychoTable」を紹介。
[youtube]
http://www.youtube.com/watch?v=pQc3HZtXZUQ
http://www.youtube.com/watch?v=3NYMlraqjJQ
http://www.youtube.com/watch?v=D_Cv4H670t0
[Samples]
https://forja.rediris.es/frs/download.php/633/atmosphere.ogg
https://forja.rediris.es/frs/download.php/634/lfo-rythm.ogg

動作環境はLinuxなので、ちょっと試すのが面倒な気がしてしまいますが、
Debian/GNU Linuxならインストールは簡単。GWに新しい環境にチャレンジしては?

[情報源] http://rekkerd.org/

no. 551 アクセス数:1966

EMS SYNTHI

制作元:
プラグイン内容: EMSシンセ専門blog
対応OS:
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

EMSシンセ専門blog。
EMS製品のマニュアル、パッチ、サウンド類をはじめ
EMSシンセの関連情報がこれでもかと多数提供されています。

例えば EFM SynthiA2に不足しているSpringReverbは
下記のIRデータで再現できる「ハズ」です(IRでスプリングって難しいけどw)
http://www.thesynthi.de/index.php?/categories/13-EMS-REVERB-IR

no. 549 アクセス数:147

Synthi A vs

制作元: EMS-REHBERG
プラグイン内容: ソフトウェア版EMS Synthi A (デモ)
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

そしてこれが噂の EMS純正 「EMS Synthi A-vs 」 プラグイン
お値段なんと 350 EURO、日本円で約¥53、000。
その値段に応じた高い完成度は YouTubeで確認できます。

<&#9728;> http://www.youtube.com/watch?v=xmKmJfosRTE
<&#9728;> http://www.youtube.com/watch?v=RmLUjKpMnqI

[デモ版制限] 10秒毎ノイズ / オートメ無効 / 入力FX無効 / パラメータ値表示なし

[EMSオフィシャルサイト]
EMS-REHBERG(ドイツ)  http://www.emsrehberg.de/
EMS(イギリス) http://www.ems-synthi.demon.co.uk/
[関連情報]
EMS SYNTHI (ユーザblog) http://www.thesynthi.de/
音楽方丈記 (blog) http://sothis.blog.so-net.ne.jp/2007-01-26

no. 548 アクセス数:2004

Synthi AKS

制作元: Richard Brooks
プラグイン内容: EMS Synthi AKS クローン
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

Voltkitchen MiniMogueVA & Arppe2600VA の元ネタ(SynthEdit版)を作った
Richard Brooks氏による EMS Synthi AKSクローン。

ちなみに実機の Synthi AKSとSynthi Aはどちらもアタッシュケース型で、
AKSは たしか A にキーボードとシーケンサを追加したモデルなので、
プラグインとしてはどっちのクローンでもあまり大差ないはず。

no. 547 アクセス数:1729

matrix synth

制作元: plesecq
プラグイン内容: EMS VCS3 クローン
対応OS: Mac (要 Pluggo Runtime)
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

おなじくフランスより Max/MSP製の EMS VCS3クローン。
画面レイアウトはどう見てもEMS Synthi Aですが・・・。
実行には Pluggo Runtimeが必要。

[ダウンロード] http://homepage.mac.com/plesecq/.Public/matrix%20synth.sit

no. 546 アクセス数:1800

Le synth&eacute; V4

制作元: pierre couprie
プラグイン内容: EMS Synthi A クローン
対応OS: Win&Mac (要 Pluggo Runtime)
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

フランスよりMax/MSPで開発された EMS Synthi A クローン。
実行には Pluggo Runtimeが必要です。

[ダウンロード]http://web.mac.com/pierre.couprie/Logiciels/t%C3%A9l%C3%A9chargements.html
[マニュアル]http://www.pierrecouprie.fr/SYNTHE/manuel.pdf
[おまけ] EMS Synthi AKSマニュアル & チュートリアル
  http://www.thesynthi.de/index.php?/categories/4-EMS-Manuals

no. 545 アクセス数:1927

EFM SynthiA

制作元: ele4music
プラグイン内容: EMS Synthi A クローン
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

EFM SynthiA の旧バージョン。
Riverb、INPUT、 JoyStick機能はばっさり省略。

no. 544 アクセス数:2483

EFM SynthiA2

制作元: ele4music
プラグイン内容: EMS Synthi A クローン
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

大量のヴィンテージ・シンセ・クローンでおなじみ
ele4music (EFM)による EMS Synthi A クローンの最新版 (SynthiA2 v0.7)

前バージョンで省略されていたエフェクト、入力信号処理、ジョイスティックを実装。
内蔵エフェクトは、実機のSpring Reverbの代わりにReverb/Delayを選択可能。

[おまけ]EMS VCS3マニュアル http://ele4music.com/vst/vcs3_user.pdf

[アップデート]EFMのtomg氏はKVRのやり取りを愉しむタイプで、アップデートもコマメ
4/17: v0.6 追加: リバーブ /VCO fine tuning
 修正: VCO サイン波 /パッチ音量 / ノート優先度修正 / グラフィック修正
4/18: v0.65 モジュール置換: Envelope Shaper / OSC-3(amp.)
4/18: v0.66 パッチ追加
4/20: v0.70 フィルタ置換 / MIDI learn / パッチ切替時ミュート
4/22: v0.72 全般に音量大きめに / 全体をタイトに / パッチ追加
4/29: v0.75 クリーンナップ / 新しいGUI / パッチ追加
今後の予定:  リバーブ修正 / パッチ追加 (そろそろ安定状態でしょうか?)
詳しくはリンク先のKVRフォーラムを参照

no. 386 アクセス数:2272

Mogue Modular System

制作元:
プラグイン内容: プラグイン形式モジュラー・シンセ
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

MiniMogueおよびArppe2600 のSyntheEdit版原作者
Richard Brooks氏によるVSTプラグイン形式のモジュラー・シンセ。

SynthEditをはじめとする、VSTプラグインのパッチ結線が可能なモジュラ環境(Traktion、 energyXT、 CONSOLE、Usine、MaizeStudio等)で動作する。

Mogue 1E (1段目左): 2 Delay
Mogue 2Q (2段目):  3ch 8step Sequencer
Mogue 3N (1段目右): 3 VCO
Mogue 4P (3段目左): VCF & VCA
Mogue 5C (3段目右): KBD Controller
Mogue 6H (4段目左): 2 VCF & ADSR
Mogue 7J (4段目右): 3 LFO
Mogue 8V (5段目):  2 VCA & Pan
Mogue 9K (6段目左): Ring Modulator
Mogue 11R(6段目右): 2 Cross Mixer
Mogue 12B(6段目中): 2 Auto-Pan
Mogue 13L(7段目左): 2 Noise & Tone
Mogue 14S(7段目右): 2 Amplifier Inverter

 ■Analogue ■Modular

no. 385 アクセス数:2072

Nord Modular G2 デモ ソフトウェア

制作元:
プラグイン内容: DSPモジュラー・シンセのデモ版
対応OS: Win&Mac
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

PCやMacで動く Nord Modular G2 のデモ用シミュレータです。

パッチエディタでモジュールを選択しパッチ配線して、
その場ですぐ演奏できます。

特筆すべきは出音。実機とほぼ同じ音が出ます。付属パッチは73個。 特にナイロン弦ギターやトランペットのパッチは、生音のリアルなニュアンスを器用に再現してくれます。また製品版ユーザにはおなじみの起動音(clavia!)やデモのパッチもあります。

そして何より素晴らしいのは、音が歯切れ良くデザインも合理的なモジュールを、縦横無尽に使いこなす自由度。触れればきっと音作りの無限の可能性を感じることでしょう。

[デモ版制限] モノフォニック&シングルティンバ/一部モジュール不可/音入力&MIDI出力不可

ハードのデモ版がPCソフトだなんて何とも不思議な話ですが、ハードに絶大な信頼を置くファンが居るからこそできた展開なのでしょうね。

 ■Modular ■Analogue ■Subtractive ■FM ■Additive

no. 384 アクセス数:1958

SynC Modular 2.21

制作元:
プラグイン内容: 初期のソフトウェア・モジュラー・シンセ (評価版、 開発停止済)
対応OS: Win&BeOS
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

これは懐かしい!1999年頃頃登場し、後にNI Reaktor 5.0の源流の一つとなった
初期のソフトウェア・モジュラー・シンセ です。

実行方法はスタンドアローン/VST/MIDIデバイスの三通り。モジュールを選択してパッチを作ると、パネル上にパラメータが半自動的に並び、[&#9658;]ボタンで即演奏できます。
動作はかなり軽く、出音もシャープで良い意味で初期VAシンセっぽい音。
登場当時は「Nord Leadの音が出るソフト・シンセ」として注目を集めていました。
同時期に出たSynthEditが動作も出音も鈍いのとはずいぶん対照的です。

しかし2003年開発者はNIで「Reaktorコア技術」開発に着手し、SynC Modularは開発停止。 そして2005年「NI Reaktor5.0」リリースで2つの流れが統合されました。
 http://en.wikipedia.org/wiki/Reaktor
現在入手可能なSynC Modularは評価版のみ、登録は停止しています。 評価版では一部使用不可なモジュール/機能もありますが、ちょっとした音出しには充分でしょう。

[リソース]
●SynC Modular パッチ: 最近MVX Synthsでパッチ配布が再開されました。
 http://mvxsynths.googlepages.com/homesync.htm
 配布一覧:MOOG Minimoog/CLAVIA Nord Lead/KORG MS-2000/
   YAMAHA DX-7/CASIO CZ-101/TEISCO S-100F/AKAI AX-73/
   ARP Solina/EMS Synthi A/EMS VCS3
●SynC DX-G Presets: http://www.bobhug.com/SynC/DXG.html
[関連トピ] http://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?t=200550

 ■Modular ■Analogue ■Subtractive ■FM ■Phase_Distortion

no. 323 アクセス数:1872

Putney

制作元: Ninecows
プラグイン内容: マトリックスパッチ・シンセ (EMS VCS3/SynthiAクローン)
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

Putneyの愛称で親しまれ、効果音の作成に大活躍のヴィンテージ・パッチシンセ EMS VCS3のクローン。(ただし見た目は Synthi A (愛称Portabella)のクローン)
MIDI演奏できるシンセだが、信号入力機能の関係でVSTeとして動作する。

[情報源] http://rekkerd.org/ninecows-releases-the-putney-v20/
 ■SFX ■Analogue ■Subtractive 
 ■Ring_Modulator ■Delay ■Reverb ■Filter ■WahWah ■Tremelo

no. 120 アクセス数:2181

Moog Modular V(demo)

制作元:
プラグイン内容: アナログシンセ
対応OS: Win&Mac
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

デモ版ですが、普通に使えます。
かなり重たいのが難点

僕はあまり詳しくないのでこれに詳しい方
説明お願いします(^^;)
↑その時これは消してください。

[デモ版制限] プリセット保存不可 / 定期的なノイズ出力

 ■Analogue ■Subtractive