VSTInstruments 新しい情報を登録する
並べ替え: 新しい順 : 古い順 : タイトル昇順 : タイトル降順 : アクセスが多い順 : アクセスが少ない順
次のページ
no. 570 アクセス数:115

CombOver

制作元: runagate
プラグイン内容: FSU系ステップ・エフェクト(5 pitch/harmonic modulated comb filters)
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:StepSequencer
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

5系統Combフィルタによる FSU系ステップ・エフェクト。

[概要]
入力音にピッチ・フォローした5つのCombフィルタで、基音と倍音を個別加工/再合成し、
それを16ステップ・シーケンサとXYパッドで動かし、特徴的な装飾音を得るエフェクト。
[処理内容]
- 入力を5つのCombフィルタで加工し、それを基音とハーモニクスとして合成出力。
- Combフィルタは入力の基音ピッチで制御され、基本的に入力メロディに沿って動く。
- ただしハーモニクス成分は、中下2段のスライダーによるピッチ指定と、
 上段XYパッドによるピッチ&音量コントロールを受ける。
- 中段スライダーでは2次ハーモニクス・ピッチ16種をプリセットし(倍音音階テーブル)
 それを下段16stepシーケンサで選択して、音色を動かす。
- なお3次?5次のハーモニクスは、2次ハーモニクス・ピッチから自動計算される。
→ 結果として、単純なステップ・フィルタでは不可能な複雑なレゾナンス音(フィードバックDelayによるCombフィルタ音)が得られる。

デモ曲では、CombOverでパーカッシブな装飾音を多数発生させ、
プリミティブな躍動が魅力の無調音楽を提供している。

[mp3]http://www.3amnoise.net/runagate/files/runagate_-_Combo_Rev.mp3
使用音源: dlM Subhuman×2、 Odo HI/SN/TM、 Bagalama (?)、
 Benedict Roff-Marsh Constellation、 Benedict Roff-Marsh Virgo12

 ....^ ^....
  ->*+*<-

[2008/04/25] v0.4アップデート: ピッチ検出の他に MIDI note入力も可能に
http://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?t=213822
http://img128.imageshack.us/img128/3876/comboverv04guipicsy1.png
http://www.box.net/shared/5dzd8zsisg

no. 120 アクセス数:160

Moog Modular V(demo)

制作元:
プラグイン内容: アナログシンセ
対応OS: Win&Mac
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

デモ版ですが、普通に使えます。
かなり重たいのが難点

僕はあまり詳しくないのでこれに詳しい方
説明お願いします(^^;)
↑その時これは消してください。

[デモ版制限] プリセット保存不可 / 定期的なノイズ出力

 ■Analogue ■Subtractive

no. 376 アクセス数:186

Genesis Prototype (3/21リリース)

制作元:
プラグイン内容: 黒い創世記
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Analogue/Subtractive)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

オランダのDJ、Ummet Ozcan氏が開発中のVAシンセ。

1キーあたり2系統最大44ボイスのレイヤーで、
エッジの立ったファットな音を実現している。
4音ポリ、CPU負荷高め。

[mp3]有名サイト「Sound&Tools」が「Genesisを使ったデモ曲」を公開♪
  http://musf.ifdef.jp/vst_synth.html#Synthtop
___________________________________
[Ummet Ozcan]
良質なプラグインの開発者にはプロミュージシャンが意外と多い。 氏もそんな1人。
[myspace]http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=188885885
彼の作品は国内ではHMV、CISCO、DMR他から入手できる。
[shop]http://www.afterhourz.jp/cgi/search7.cgi?ah=UMMET%20OZCAN&page=&bcgi=&genre=4

[情報源] http://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?p=2997766

 ■Analogue ■Subtractive ■Layer

no. 359 アクセス数:205

kryo Hardware Chiptune Project

制作元:
プラグイン内容: オリジナル・チップチューン・ハード (D.I.Y.) / AVR
対応OS:
カテゴリー: VSTi:Synth (chip/lofi)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

「DAWサイト」カテで着々と進行するDIYハードウェア・シリーズ第二弾は
「kryoハードウェア・チップチューン・プロジェクト」

2007/2 スウェーデンのランドで開催された
オールドスクールDEMOパーティに集まった、
kryo、 Yarrick、 flex の三人が
 「既存の音源チップを使わずに
  8bit RISCマイコン "ATMEL AVR"上で
  直接チップチューンを鳴らそう!」
というkryoのアイデアに意気投合し
開発を開始したハードウェアです。
________________________________________________
AVRのクロックは、内蔵RC発振器を使った場合 1MHz。
仮にサンプリング周波数10KHz (出力音の上限5KHz)とし
RISC性能(1命令/1clock)をフルに生かしたとしても
出力1サンプルの計算に使える命令数は約 100 ステップ。
単音ビープなら余裕ですが、
和音で波形や音色も工夫して、となるとけっこう難しそうです。

そこでkryoは"fuse bits"の変更でクロックを 8MHzにアップし、
また8MHz動作時に問題となった簡易ライターのエラーを
商用ライター STK500 とavrdudeの使用で克服して、
見事ゴールにたどり着いたそうです。
________________________________________________
完成したハードウェアは右上図の通り、手のひらに載るミニサイズ。また、
- プリント基板パターン
- AVRの全内蔵メモリ8KB以内で動作するシーケンサ本体
- Linux上で動作するトラッカー(シーケンサ数値入力部. 右下図)
もダウンロード可能になっています。
ただしトラッカーは「他の人が使う事を想定していない」そうなので
参考資料程度の扱いにしておくのが良さそうです。

[mp3] The hardware chiptune project song / Linus Akesson
http://www.linusakesson.net/files/Linus%20Akesson%20-%20The%20hardware%20chiptune%20project%20song.mp3
[youtube]The hardware chiptune project
<&#9728;> http://jp.youtube.com/watch?v=_uU4BzSQQmY

 ■DIY ■chip ■lofi

no. 363 アクセス数:213

CORG MS10

制作元:
プラグイン内容: KORG MS10風アナログシンセ
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Analogue/Subtractive)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

3/12発表された DS用音楽作成ツール「KORG DS-10」
[公式ブログ]http://www.ds10blog.jp/
<&#9728;>REASONmania http://jp.youtube.com/user/REASONmania
<&#9728;>animoto.com http://jp.youtube.com/watch?v=ET_A8MKdlkk
<&#9728;>#001 http://jp.youtube.com/watch?v=rorBOzwR3Tc
<&#9728;>#002 http://jp.youtube.com/watch?v=bQcp2Mkt_-A
<&#9728;>Musikmesse#1 http://jp.youtube.com/watch?v=mbfsCNEjOuo
<&#9728;>Musikmesse#2 http://jp.youtube.com/watch?v=dOXzZuOWMP8
<&#9728;>MusoTalk#143 http://jp.youtube.com/watch?v=_TK2WTj2fpI
<&#9728;>http://www.hispasonic.com/videos/korg-ds-10-sintetizador-nintendo-ds
…かなり注目集めていますが、ここではあえて流れに逆らって
PC上で動くKORG MS-10クローンを紹介しましょう。

その名も「CORG MS10」
数ある KORG MSクローンの中で、最も入手し易いものです。

 (ちなみに、他のは「GROK 02SM」とか「MS02」とか「M2Synth」とか…ぁゃι ぃ名前)
 (もちろん、KORG Legacy Collectionにも MS-20が入ってます)

操作は簡単、
- 16種類の効果音パッチを選択して
- 画面のキーボードをマウスでなぞれば → 即 音が出ます。
- キーボード左上の"T"をクリック → 音が出っぱなしになるので、
- ピッチベンド・ホイールやツマミをいじって → 音の変化が楽しめます。
- なんと、ケーブルを使ったパッチもできます。 (ホイール→VCO、VCF、MG のみ)
- そして、外部音声入力の加工もOKです。(EXT.SIGNALで入力レベル調整)

これだけ付いて、なんとフリーです!

「KORG DS-10」の到着を待つ間、
ミニノート上の「CORG MS10」で曲作りの研究をすれば、
きっと注目間違いなしなのさ!

[実機版チュートリアル]
<&#9728;> MG (Modulation Generator)の使い方
    http://jp.youtube.com/watch?v=uZqOCj8nCPE
<&#9728;> シーケンサ風フレーズ作り
    http://jp.youtube.com/watch?v=q4p_AR6uzaM
    ※ CORG単体では不可能なのでNo.374のアルペジエータと組合せてどうぞ。

[インストール方法]
- zipを解凍して、中のファイルを取り出し (MS10.dll と MS10.dat)
-[DAWを持っている場合] 上記2ファイルをVSTプラグインフォルダへコピーして起動
-[DAWを持っていない場合] 「No.106 savihost」で起動できます。
 (1) savihost をダウンロードしてzipを解凍し
    http://www.hermannseib.com/english/savihost.htm
 (2)取り出したファイル"savihost.exe" の名前を"MS10.exe" に変更し
 (3)MS10.dll と同じフォルダにコピーして起動

 ■Analogue ■Subtractive

no. 858 アクセス数:431

Autogun

制作元: Image-Line
プラグイン内容: ランダマイズ専門 メタリック加算シンセ
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Additive)
総合評価: 5.00
コメント数: 4
投稿日: 2010/04/30(Fri) 17:15:21

同社の加算シンセ「Ogun」($79)の機能限定フリーバージョン。
magic dustなる謎のパラメータ(実はコンプレッサ)を除くといじれるノブは全くなく、音色はなんと完全ランダム生成。しかしこのランダマイザが意外にインテリジェントで、毎回ちゃんと実用になりそうな音を作り出してくれる。

音色はOgunの特徴を引き継ぎ、ビブラフォン系や金属的なゴング、キラキラしたパッドなどが多い。市販製品と同じエンジンで動いているだけにクオリティは折り紙つき。説明文までランダム生成されるのが笑える。

各音色には番号がついているが、全部で4294967296個もあるためすべて聴くことはほぼ不可能。とにかく運を天にまかせてクリックしまくり、気に入った音が見つかったら忘れずに番号をメモっておこう。ちなみにこの番号は製品版Ogunにも入力できる。

■Ambient ■House ■Techno ■Trance

no. 349 アクセス数:447

NI KORE Player (2008/3/6リリース)

制作元:
プラグイン内容: サウンド・モジュール (フリー/KORE2互換/要アクティベーション)
対応OS: Win&Mac
カテゴリー: VSTi:GM Module
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2010/03/06(Sat) 18:17:17

2008/3/6 Native Instrumentsがリリースした
フリー音源 KORE Player。

下記6音源を内蔵、音色は60パッチ付属(シンセ系x45/サンプル系x5/エフェクトx5)、
各パッチ4?8個のバリエーションがある他、主要なパラメータをツマミで調整できる。

 KONTAKT:  (DrKit/Perc/UpB/AG/EG/Harp/Mallet/Bell/Ethnic/VoxFX)
 REAKTOR: 
 MASSIVE: 
 ABSYNTH: 
 FM8:     
 GUITAR RIG:(FilterBank/AutoFilter/Ensemble/GrainShifter/Delay)

音色追加は、KORE2と共通の音色パック「KORE SOUNDPACKS」(*1)で行う。
また製品版とは異なり、NI単体音源のパッチや他のプラグインは読込めない(*2)。
───────────────────────────────────
*1:http://www.native-instruments.com/index.php?id=koresoundpacks&L=5
*2:http://www.native-instruments.com/index.php?id=kore2koreplayer&L=5
*3:http://www.native-instruments.com/index.php?id=kore2k5&L=5

※ KOREとは音色指向のプラグイン・マネージャ。製品版の場合、DAWホスト側未対応のプラグイン規格でも、KORE経由で利用可能になるという大きなメリットがある。
特にKORE2+KOMPLETE5(*3)は、NI製全11音源が低価格でバンドルされており、
音色カタログ的なサウンド・モジュールとして活用できる。

 ■MultiSoundModule

no. 28 アクセス数:526

TAL-Vintager2

制作元:
プラグイン内容: アナログシンセ
対応OS:
カテゴリー: VSTi:Synth (Analogue/Subtractive)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

そこそこ使えるアナログシンセ
音の微妙な調整がちょっとしずらかった。
プリセットに入ってる音色はあまり使えないかも

 ■Analogue ■Subtractive

no. 3 アクセス数:543

Loopazoid

制作元: neXoft
プラグイン内容: ドラムサンプラー
対応OS:
カテゴリー: VSTi:Sampler
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

wav音源を読み込んで打ち込み用に使うことができるVSTiです。
各wavには音量設定や左右の配分設定の調整もでき、数あるサンプラーの中でもかなり使いやすい部類だと思います。

ドラムの音源以外にも効果音などを読み込ませて使う事も可能です。

■All_Music ■Drum  ■Sampler

no. 110 アクセス数:554

PPG Wave 2.2 Simulator (VSTi Version)

制作元:
プラグイン内容: Wavetableシンセ
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Wavetable)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

PPG Wave 2.2 をハードウェア・レベルでほぼ完全に再現したVSTiプラグインです。

PPG Waveといえば、本家WaldorfがSteinbergと共同開発した物が有名ですが
こちらはPPGハード用 新OS V8.3 Upgrade の開発で使ったシミュレータ (No.111) のVSTi版という事で、なかなか強力そうです。

[操作方法] オリジナル・ハードウェアと全く同じ(wです。
例えばパッチ変更は、液晶上のカーソルを左上移動し、数字2桁で入力します。

[マニュアル] 下記でオリジナル・ハードウェア用マニュアルを入手できます。
 OwnersManual http://seib.synth.net/documents/w22omeng.pdf
 その他 http://www.hermannseib.com/english/synths/ppg/docs.htm

[サウンド] 現バージョンはWave2.2(D/A 8bit)なのでかなりLoFiです。
SSMフィルター:http://ppg.synth.net/wave22/mp3/22_res_detune.mp3
Waveform音源:http://ppg.synth.net/wave22/mp3/22_clunk.mp3
Waveシーケンス:http://ppg.synth.net/wave22/mp3/22_slowtable.mp3
Wavetable一覧:http://www.seib.synth.net/documents/PPGWTbl.pdf

[ダウンロード] http://www.hermannseib.com/programs/vstwsimd.zip
  VST2.3版 http://www.hermannseib.com/programs/vstwsimd23.zip

[追加バンク]http://www.hermannseib.com/programs/wave23bk.zip
[バンク変換]http://www.hermannseib.com/programs/waveprog.exe

[今後の予定]
現在OSはWave 2.2用V6に固定ですが今後、全OS(Wave2.2/2.3/EVU用)を切換使用可能にする予定だそうです。(OS V8.3開発実績から可能なのでしょう)

[ドネーション]
開発を応援したい人は、PayPal経由で寄付を送ると良いでしょう。
office at hermannseib.com

 ■Wavetable ■WaveSequence ■Analogue ■Subtractive

no. 551 アクセス数:561

EMS SYNTHI

制作元:
プラグイン内容: EMSシンセ専門blog
対応OS:
カテゴリー: VSTi:Synth (Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

EMSシンセ専門blog。
EMS製品のマニュアル、パッチ、サウンド類をはじめ
EMSシンセの関連情報がこれでもかと多数提供されています。

例えば EFM SynthiA2に不足しているSpringReverbは
下記のIRデータで再現できる「ハズ」です(IRでスプリングって難しいけどw)
http://www.thesynthi.de/index.php?/categories/13-EMS-REVERB-IR

no. 520 アクセス数:603

AudioRealism ABL2.1 (demo)

制作元:
プラグイン内容: TB-303エミュレーションの新バージョン (デモ)
対応OS: Win&Mac
カテゴリー: VSTi:BASS
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

定評あるTB-303エミュレーションの新バージョン2.1 (デモ)

今回のバージョンアップでは下記のように多くの改善がなされています。
 - muddinessさの軽減
 - フィルターの改善: skeltch感を付加するnonlinear効果を導入
 - ディストーションのaliasing軽減:
 - ツマミのレスポンスを実機に合わせてチューニング
 - 「パターン・アナライザ」: waveファイルからノートを抽出してパターン編集

かなり好みの音になってきました。ACIDチューンで聴けるあの音が一発で出せる!
[mp3]http://www.audiorealism.se/abl/demos/ABL2rawks.mp3
     http://www.audiorealism.se/abl/demos/acid-polyp.mp3
     http://www.audiorealism.se/abl/demos/rp-das_acid_haus.mp3

思えば10年前のReBirth&VST登場以降、ソフトシンセもずいぶん進歩したものです。
ReBirth RB-383は低域の音圧感がまるで無くチップチューンみたいな音でしたし、
山ほどあるTBクローン・ソフトシンセはたいていリアリティのかけらもない別物でした。

ええ、実機だってそんなにいい音がするわけじゃないんです、生音は。
90年代TR&TBの音って、生音とは全然別でコンプとEQで加工しまくった音なんです。
でも、あの音が一発で出てしまう・・・便利な時代になりますたw

[デモ版制限] 15分で消音/DAWホストによるrecall不可/CPU消費高め
※ savihost起動時、シリアル画面が出まくる→ESCキーでストップし[Run Demo]
※ savihost起動時、パターン・アナライザでwaveを読み込むと固まるようです。

[情報源]
http://rekkerd.org/audiorealism-updates-audiorealism-bassline2-to-v21/

no. 595 アクセス数:663

TAL BassLine v1.0.1

制作元:
プラグイン内容: Roland SH-101クローンBassシンセ
対応OS: Win&Mac(VST、AU)
カテゴリー: VSTi:BASS
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2010/04/28(Wed) 04:46:06

4/26 TAL(Togu Audio Line)の SH-101クローンBassシンセ
「TAL BassLine」がv1.0.1にアップデート。 同時にMac AU用β版をリリース。
[v1.0.1変更点]ノートのオーバラップ時にVCA ENVでクリックが発生したのを修正。

出音は実機と比べちょっとファット過ぎ/綺麗過ぎな気もしますが、
実機を踏襲したアルペジエータや、新規追加された「Warm Filter Feedback」で
シンプルな1VCOアナログシンセのギミックを色々と再現できます。
当時の製品コンセプトは「TB-303、 TR-606、 MC-202とセットでワンマンバンド」。
そして今、初めて手に取った人なら一体何に使うんだろう。 TB-303のスーパーセット?

[情報源] http://www.kvraudio.com/news/9151.html

 ■VSTプラグイン ■auプラグイン

no. 373 アクセス数:693

Killer Emulator

制作元:
プラグイン内容: EMS VCS3互換機「Ionic Performer」のエミュレータ (シェアウエア$25)
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Analogue/Subtractive)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

これはかなりのレア物です。
超有名&超レア&超高価な効果音系ヴィンテージ・シンセ「EMS VCS3」の
互換機シンセ「Ionic Performer」 のエミュレータ (シェアウエア$25)。
___________________________________
"Ionic Performer"とは、EMSの米代理店Ionic Industries inc.が1973年発売した 低コスト&ユーザフレンドリーな「EMS VCS3互換」シンセ。

商品スペックは:
 - 中身は名器「EMS VCS3」とほぼ同じ (VCS3のコピーにエフェクトを追加)
 - 超低価格($900)
 - ユーザ・フレンドリーなルック&フィール(パッチはカラフルなマトリックス・ボタンで)
 - 誰でも簡単に操作を覚えられるイージー・オペレーション&判りやすい教本付
 - ライブパフォーマンス・シンセ!
まるで通販ギターやカシオトーンのノリです。 当時まだシンセは高嶺の花だったのに。
___________________________________
プラグインの方:
 - GUIはオリジナルとおんなじ
 - 音はいわゆる効果音系 (他のEMSシミュレータとはかなり音が違う…)
と、ちゃーんと押さえるべきツボを押さえてます(たぶん)。

[mp3] 出音は効果音っぽいけど、ちゃんと曲の演奏だってできます。
http://www.maltedmedia.com/people/bathory/nysuca-hanei.m3u
http://www.maltedmedia.com/people/bathory/bach-classic.m3u
http://www.maltedmedia.com/people/bathory/bach-hunt-flute.mp3
http://www.maltedmedia.com/people/bathory/microtonal-bach.mp3
[追加パッチ] BFunku氏@KVR: http://www.savefile.com/files/1441372

【重要】 シェアウエアです。使用する場合はきちんと「$25払って登録」しましょう。
※ ただし一部DAWホストで動作に不具合があるようです。
[チュートリアル] オリジナル・ハードウェア版
http://www.maltedmedia.com/people/bathory/performer-manual.pdf

[情報源]
実は2005/8にMatrixSynthで紹介された、知る人ぞ知るレア物です。
http://matrixsynth.blogspot.com/2005/08/ionic-performer-synthi-aks-clone.html
ただ色々な意味で微妙だしシェアウエアだし説明しても価値を理解できないだろうし
で扱いに困っていた部分も…本日3/15KVRフォーラムで話題になったのを機に紹介。
  [KVR] http://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?t=210101

 ■SFX ■Analogue ■Subtractive

no. 414 アクセス数:696

WOLLO FMERA 2

制作元: Erik Wollo
プラグイン内容: アンビエンス系Voxシンセ (2opFM + サンプル)
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Formant/Vowel)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

アンビエント?エレクトロニカに適した 上品なVoxシンセ。

2op FM音源 と 女性コーラス・サンプルのブレンドで
無機質な中にも親しみのある上品なアンビエンス・パッドが得られる。

ERIK WOLLO  ノルウェーのアンビエント系アーティスト、作曲家、ミュージシャン。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 1980活動開始。 ソロアルバム13枚、その他アルバム多数。
 作品一覧: http://www.wollo.com/works.htm
   [mp3] http://www.wollo.com/mp3.htm
 ※ 国内ではHMVをはじめとする各輸入レコード店で入手可能
        http://www.hmv.co.jp/search/artist/000000000169595/

no. 77 アクセス数:717

HighLife R2

制作元: discoDSP
プラグイン内容: vsti乗っ取りサンプラー
対応OS: Win&Linux (オープンソース)
カテゴリー: VSTi:Sampler
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

wav、サウンドフォントなどを取り込めるサンプラー。
一番の特徴は他のvstiの音色を"フリーズ"してsfz形式で保存できること。
保存したsfzファイルはsfz、HighLife R1などで再生可能。

モジュラー環境で云々して作った複雑な音色などをお手軽に再生できるのは面白い。

[2008/03/18] HighLife R2 がリリースされました。(商品版v1.4とは非互換)
   http://rekkerd.org/discodsp-highlife-open-source-updated-to-r2/
discoDSPの創設者で昨年半ば事故で亡くなったAruguru氏(ImageLine各種製品の他、Aodix全般、Psycleの開発者)に代わるアップデート担当はGeorge Yohng氏(W1Limitter、TruePianos、 Vienna Instruments等の開発者)だそうです。

 ■Sampler

no. 953 アクセス数:742

SampleTank 3 Custom Shop

制作元: IK Multimedia
プラグイン内容: サンプルプレイヤー
対応OS: Windows, Mac
カテゴリー: VSTi:Sampler
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2016/01/25(Mon) 15:23:07

SampleTank3 CustomShop には30種類のインスツルメント(1Gbほど)が付属していて,
これらは無料でダウンロードできる。
その内いくつかは, Sampletank3 Free のライブラリとして公開されていたもの。

追加で拡張ライブラリを購入、導入することができる。

64bitプラグインのみで32bitが無いことに注意。

no. 49 アクセス数:759

Crystal

制作元:
プラグイン内容: soundfont取り込み可能セミ・モジュラー・シンセ
対応OS:
カテゴリー: VSTi:Synth (Semi Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

フリーで使えるvstの中では完成度の高いものだと思います。
日本語解説siteも↓にあるし
ttp://musf.ifdef.jp/vst-manual/Crystal-1.html
(先頭に「h」を付けて下さい)
音も作りこめますよ!

ぶっ飛びシンセです。
皆さん使いこなしてください☆

 ■Sample_Based ■Semi_Modular

no. 543 アクセス数:783

KxModulad

制作元: KX77FREE (Xavier Kalensky)
プラグイン内容: 加算合成waveformモジュラ・シンセ
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Semi Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

大量のSynthEdit製シンセを作成している KX77Freeの最新作
加算合成waveformモジュラ・シンセ「KXMOD」 v1.5
(※ KVR Developer Challenge 2007 応募作品. 2008/3にver.up)

KxWaveTracer: 加算合成waveformを作成するwin32アプリケーション。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 32bit@44.1K~192KHz、エイリアシング・フリー。
Kx77Modulad:  モジュラ・シンセ本体。作成したwaveformをOSC/LFOで使用可。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ モジュール結線はステレオ対応、ただし結線済で変更不可。

[demo]
"KX-Dream" (7.2MB、 Kx-Modulad+KxStep)
http://kx77free.free.fr/data/wma/demos-2008/KX-Dream.wma
"KX-Repeat-Dream" (10.2MB、 Kx-Modulad+KxOmni (bass)+KxStep)
http://kx77free.free.fr/data/wma/demos-2008/KX-Repeat-Dream.wma
___________________________________
[マニュアル]
  http://kx77free.free.fr/data/Modulad-Help/Kx-Modulad-Help.htm

[ダウンロード/インストール]
  http://kx77free.free.fr/English-contents.html#download_plugs
- CPU性能にあわせ、同時発音数8/6/4声を選択可能
- インストールは6声版はsetup実行、8声版はzip展開、4声版は後でdllを入替。
- 加算合成waveform用データフォルダのデフォルトは "C:¥KXDATAS"
  置き場所を変更した場合は、KxWaveTracerおよびプラグインのオプションを変更。

[加算合成] "C:¥KXDATAS¥KxWaveTracer.exe" を実行。
___________________________________

[関連トピ] http://www.kvraudio.com/forum/viewtopic.php?p=3032195

no. 316 アクセス数:819

Foorius

制作元: Smart Electronix
プラグイン内容: semi modular synthesizer
対応OS: Win
カテゴリー: VSTi:Synth (Semi Modular)
総合評価: 0.00
コメント数: 0
投稿日: 2008/08/03(Sun) 17:26:31

高機能のsemi-modular シンセサイザーです。
いくつもの要素をコンパクトにまとめており、さまざまな音が作れます。
欠点はとにかく重いこと。ちょっと貧弱なPCだと多分使えません。
あと、邪魔なスクリーンがたびたびウィンドウを覆い一時的にエディットできなくなります。
これは作者様にいくらか寄付をすることで解決するようです。

- 16 note polyphonic synthesis engine
- FM、 AM、 VA、 Wave-sequencing and Noise Oscillators
- Loads of different filters including circuit modeled Analog filters
- Freely routable signals
- built in effects
- 20 LFO's and 20 128-point Envelope generators
- Advanced midi handling
- Unique GUI that moves beyond the "looks just like hardware" paradigm
- 80 patches to get you started
- Standalone version as well as VSTi version

 ■玄人向け
 ■Semi_Modular ■FM ■Analogue  ■Subtractive

次のページ